藝文ギャラリー


作家ビデオ(DVD)




会場:常陽藝文センター1F 藝文ギャラリー(入場無料)


日々そして日々 塙冨士夫 展

前期:平成29年8月2日(水)〜 9月3日(日)
後期:平成29年9月6日(水)〜10月1日(日)

(毎週月曜日、8/13〜15休館)

 洋画家・塙冨士夫さんは、一貫して人物をテーマとし、初期の頃は写実的に婦人像などを描きました。やがて四角い絵画空間にモチーフや色をどのように配置するのか構成を研究するうちに作風が変化。結果、異なる視点で捉えたモチーフを同一画面に配置し、空間を曲げたり伸ばしたりして表現するようになり、その空間に合わせて人物もデフォルメされていきました。
 現在、塙さんの主題は日常生活の些細な穏やかな場面です。画面の中にほんの少し不自然な部分をつくり込むことで、普通のことが当たり前ではないかもしれない可能性をごく控えめに提示し、物語性のある日常のゆるやかな空間を描き出しています。
 今展の前期は、主に少女をモチーフにした作品を7点、後期は近年の二紀展に出品した大作を中心に7点を展示します。


「日々そして日々」

●略歴●

昭和27年

那珂郡村松村(現・東海村)に生まれる

51年

茨城大学人文学部卒業

54年

阿佐ヶ谷洋画研究所に学ぶ

60年

第39回二紀展初入選(以後毎年出品)

平成 3年

花と女性美展にてエンゼル賞受賞
第26回茨城県芸術祭美術展覧会にて奨励賞受賞

 4年

第2回ジャパン大賞展入選
第4回国際美術大賞展にて奨励賞受賞

12年

第18回上野の森美術館大賞展入選
(20年、21年も)

17年

第59回二紀展にて同人賞受賞

21年

二紀会会員推挙

23年

第65回二紀展にて会員賞受賞(28年も)

現 在   

二紀会会員、那珂市在住


展示予定

宇留野信章 展(洋画)  4/1 (土)〜 5/28(日)

久米みどり 展(陶芸)  5/31(水)〜 7/30(日)

長南一夫 展(洋画) 10/4 (水)〜11/26(日)

なにかがつきささる―心の表現者たち展 11/29(水)〜 1/28(日)

野沢二郎 展(洋画)  1/31(水)〜 3/30(金)