藝文ギャラリー


作家ビデオ(DVD)




会場:常陽藝文センター1F 藝文ギャラリー(入場無料)


色絵磁器 影山明志 展

前期:2020年 9月30日(水)〜11月 1日(日)
後期:2020年11月 4日(水)〜11月29日(日)

(入場無料・毎週月曜日休館)


「色絵菖蒲紋八角大皿」



●略歴●

昭和25年

静岡県に生まれる。

   52年

東京藝術大学大学院陶芸専攻修了、故・藤本能道よしみちに師事。
第24回日本伝統工芸展初入選(以後5回入選)。

   56年

日本工芸会正会員となる。

   59年

八郷町(現・石岡市)に築窯。

平成12年

茨城県陶芸美術館開館記念展「茨城陶芸の現在」出品(以後同館主催展多数出品)。

   21年

茨城工芸美術展にて茨城工芸会80周年記念賞受賞(23年茨城新聞創刊120周年記念賞)。

現 在   

日本工芸会正会員、茨城工芸会会員。石岡市在住。
 陶芸家・影山明志さんは東京藝術大学でのちに色絵磁器の重要無形文化財保持者(人間国宝)となる故・藤本能道(1919〜1992)に師事しました。
 スズメやツグミ、キジバトなどの身近な鳥やさまざまな植物を写生して文様に構成し、大皿や壷に緻密な描写を施した作品は、身近な自然への細やかな眼差しと親しみが込められています。
 今展では白い磁器に鮮やかな色絵が映える皿や壷などの優品26点を二期に分けて展示します。

展示予定

名倉剛治郎 展(洋画)  4/1 (水)〜 4/19(日)

藝文ギャラリー秀作展 人のかたち  6/3 (水)〜 7/26(日)

岡野亮介 展(洋画)  7/29(水)〜 9/27(日)

井上雅之 展(陶芸) 12/2 (水)〜 1/31(日)

佐藤杏子 展(版画)  2/3 (水)〜 3/30(火)