文化情報誌「常陽藝文」


最新号


記念本


バックナンバー検索


購入方法




茨城の文化を知る決定版!

歴史・民俗・芸術・科学など茨城に関するさまざまな文化を、多彩な切り口で紹介。
毎月1日発行。藝文友の会の皆様には毎月お送りしています。

最新号

2017年1月号
通巻第404号
■藝文風土記 他家で幕末・維新を迎えた水戸徳川家の姫たち【その一】(東京都内、水戸市、日立市、仙台市)
  徳川御三家水戸藩の九代藩主・徳川斉昭(烈公、1800〜1860)は確認されているだけで22男15女、計37人の子をもうけている。男子では水戸徳川家を継いで水戸藩主となった2人(十代慶篤、十一代昭武)や、一橋家を経て十五代将軍となった徳川慶喜が知られる一方、女子の場合、御三家水戸藩の姫であっても、歴史の表舞台に現れることはまれで、その足跡を記録上から追うことは難しい。
  彼女たちが多難な時代にどう生き、婚家ではどのような立場であったか、数少ない史料を基に今号と次号に分けて紹介する。

定価270円(250円+税)
■暮らしの中の野鳥 第三回
 ねぐらを巡る鳥と人の微妙な関係
■ふるさとのいとなみ(8)
 干し芋(ひたちなか市中根)
■SPOT
 第7回ひたちなか市子ども伝統文化フェスティバル  
2016年12月号
通巻第403号
定価1,080円(1,000円+税)
■特集 いばらき竹百科
 古来、竹は人間社会に密着し、日用品から生産用具、資材にまで様々に用いられてきたが、昨今、日常生活で竹の存在を意識することは少なくなってきている。現代社会になお失われていない竹の魅力、またその魅力を生かそうと努める人たちにスポットをあて、竹と私たちの関係、そのあるべき姿を追求する。


購入方法

■藝文友の会にご入会
 藝文友の会にご入会いただきますと、毎月ご自宅へ『常陽藝文』をご郵送いたします。藝文友の会では、その他にも会員の皆様へいろいろな特典をご用意しています。
 * バックナンバーは常陽藝文センターまでお申し込みください。
  (価 格)平常号 270円(250円+税)
        特集号・臨時増刊号 1,080円(1,000円+税)
 * 在庫切れの号はコピーサービスを承ります。
  (料 金) モノクロ1枚10円、カラー1枚50円(税込、送料別途)

ファイル 『常陽藝文』専用ファイル

* 1部に12冊まで綴れます。
* 価格 1部540円(税込、送料別途)
* お申し込みは常陽藝文センターまで