文化情報誌「常陽藝文」


最新号


記念本


バックナンバー検索


購入方法




茨城の文化を知る決定版!

歴史・民俗・芸術・科学など茨城に関するさまざまな文化を、多彩な切り口で紹介。
毎月1日発行。藝文友の会の皆様には毎月お送りしています。

最新号

2020年8月号
通巻第447号
■藝文風土記 国道六号、悲願の大利根架橋(取手市、龍ケ崎市、利根町ほか)
  茨城県の大動脈・国道六号に利根川を渡るための橋梁「大利根橋」が架けられたのは昭和5年(1930)。併走するJR常磐線の鉄橋が明治29年に架けられたことと比較しても意外なほど新しい。長らく渡船によって利根川を渡る時代が続いていましたが、陸上交通の時代の訪れにより、利根川への架橋は地元の悲願となりました。
 「大利根橋」架橋の経緯とともに、日本有数の大河・利根川の存在が人々の生活にとってどのようなものであったかを検証します。  
定価330円(300円+税)
■佐竹氏と常陸⑨
 大和田重清と連歌・・・佐々木倫朗
■万葉ひたちの歌⑧
 葦穂山(石岡市)
■SPOT
 国重文指定記念誌「りゅうのひかり」発行
 長久保赤水顕彰会

2020年7月号
通巻第446号
■藝文風土記 初代横綱・明石志賀之助(栃木県宇都宮市)
  公益財団法人日本相撲協会が行う興業としての相撲いわゆる「大相撲」において最高位の「横綱」。現在までわずか72人しかいない横綱のうち初代とされているのが栃木県宇都宮市出身とされる明石志賀之助です。これまで詳細不明で伝説上の横綱とされてきた人物ですが、近年、地元宇都宮の人々の熱意が実り、人物像が明らかになりつつあります。その調査研究の成果を基に初代横綱の実像、また横綱そのものの成り立ちを検証します。  
定価330円(300円+税)
■佐竹氏と常陸⑧
 佐竹義宣の小田原参陣・・・佐々木倫朗
■万葉ひたちの歌⑦
 じょヶ原(つくば市)
■SPOT
 祝!国指定史跡 磯浜古墳群


購入方法

■藝文友の会にご入会
 藝文友の会にご入会いただきますと、毎月ご自宅へ『常陽藝文』をご郵送いたします。藝文友の会では、その他にも会員の皆様へいろいろな特典をご用意しています。
 * バックナンバーは常陽藝文センターまでお申し込みください。
  (価 格)平常号 330円(300円+税)
        特集号・臨時増刊号 1,320円(1,200円+税)
 * 在庫切れの号はコピーサービスを承ります。
  (料 金) モノクロ1枚10円、カラー1枚50円(税込、送料別途)

ファイル 『常陽藝文』専用ファイル

* 1部に12冊まで綴れます。
* 価格 1部550円(税込、送料別途)
* お申し込みは常陽藝文センターまで