常陽史料館


概要


アートスポット


貨幣ギャラリー


蔵書検索


図書資料展




郷土の歴史や芸術文化などを中心に、さまざまな企画展示を随時開催いたしております。
 (毎週月曜日休館、入館無料)

竹に添う 竹でつくる展 

八木澤啓造「白錆縄目投入花籃」
 竹は古来より人々の暮らしの中で多種多様に使われてきましたが、私たちの生活様式とともに竹を取り巻く環境も大きく様変わりしました。今展は素材としての竹にあらためて注目し、真竹で作られる工芸品を『観る』、孟宗竹で作られた生活雑用品を『使う』、日本、アジアの竹の楽器などを『聴く』という3つのテーマに分けて展示します。
 
 
会期/平成30年11月13日(火)〜平成31年1月13日(日)
(月曜日、12/2、12/29〜1/4休館)

●ワークショップ(要事前申込)
A『使う』「孟宗竹でつくる ざる」
 平成30年12月1日(土)13:00〜15:00/定員10名/参加費2000円
B『聴く』「親子でつくる竹シロフォン」
 平成30年12月15日(土)13:00〜15:00/定員 親子2名1組で15組/参加費1000円
※詳細は常陽史料館(TEL 029-228-1781)までお問合せください。



次回展示予定

切り絵 竹蓋年男展
会期/平成31年1月22日(火)〜平成31年3月24日(日)